×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


2001 春 沖縄


2年程前、ある旅行クーポンの引換券を貰ったのですが、
その期限が2001年の3月末で切れることがわかり、
勿体無いので、会社の関係の旅行代理店と相談し、
急遽、沖縄旅行を仕立てて貰って、出掛けてきました。
時期的にちょっと中途半端な感じがしなくも無かったのですが、
寒い地方に行く気も起きなかったので、
昨夏の旅行が帯広だった事もあり、
今回は南に行って見る事にしました。

1日目(3月24日)
沖縄地方の天候が心配される中、今回も福島空港から、
13:35発、JAL809便(那覇行)にて一路沖縄へ。
若干家を出るのが遅くなってしまい、
チェックインに間に合うか心配しましたが、
なんとか12:40頃に空港へ到着。
無事機上の人となりました。

フライト前半は天気も良く、快適でした。
福島からの沖縄便は、関東地方上空を行く内陸コースで、
横須賀あたりで海上へと出て行く感じです。
雲に遮られる事もなく、地上の様子が良く見えました。
自分の席は5−Aと言う左側の窓際席だったので、
しばし地上を眺めていたら、
なにやら大きな競技場の様な物が見えて来ました。
内陸を行くと言っても、海岸に近い方を想像していたので、
鹿嶋のサッカースタジアムかと思ったのですが、
それにしては海岸線がありません。
でも、考えたら原発(東海村)の近くを飛ぶはずもなく、
それはおそらく、埼玉スーパーアリーナだったと思われます。
ほどなく、東京ドームと思しき白い建造物や、
池袋のサンシャイン、新宿の高層ビル群も見えてきたので、
まず間違い無いと思います。
上から見る事はなかなか無いので、
これもまた変った体験が出来た思いがします。
予定通りに海上へ出た辺りで機長の挨拶があり、
沖縄は曇りで気温23度との事。
右手に富士山が見えると言われても、
左側の席に座っていては、確認する事も出来ませんでした。(;_;)

海上に出ると雲が多くなって、下が全く見えなくなりました。
まぁ、見えたところで海ばかりなんでしょうけど・・・。
奄美大島あたりから島が見えて来るかと思っていたので、
ちょっと残念ではありました。
ここで機長から再び挨拶が・・・。
なんでも、積乱雲系の雲が立っているとかで、
高度6000メートル以上で飛んではいるものの、
かなり揺れそうだとか・・・。
そう言われて窓の外を見てみれば、結構雲が近いし、
飛んでいるところよりも高くまで伸びている雲も見えました。
でも、その上にある飛行機雲は・・・?
「雲より高く飛べばいいじゃん」なんて思うのは素人だからでしょうか・・・ 。
考えてみれば、今乗っているのはボーイング737−400と言う機体。
雲より高く行くには、やっぱりジャンボ(747)じゃないと無理かなぁ。
福島空港はジャンボでも大丈夫なんだから、
是非飛ばして欲しい気がしました。
そうこうしているうちに、2時間半ほどのフライトも終盤近く。
ベルト着用のサインが点灯しました。
雲の中に入っていくと、結構揺れてくれます。
程なく海が見え隠れしてきました。
大きな島も見えてきましたが、沖縄本島ではなく伊江島の様です。
その後は、窓際に座っている事もあって、
本島の海岸線を見ながら、着陸の時を待ちました。
那覇港が見え、ようやく那覇空港に到着しました。

昨夏の失敗は繰り返すまいと、荷物の引換券を握り締め、
引き取り場へ向かおうと思ったけど、
なんか、行と帰りが同じフロアだとは思わなかった・・・。
福島は一緒になる事は無いし、帯広も仕切られていたと思う。
成田も別だったと思うけど、フランクフルトは一緒だったかなぁ。
とりあえず案内板を頼りに、荷物を受け取りに行きました。
間違えて他の場所に行ってしまう人はいないのでしょうか・・・?
無事荷物を受け取ると、今度はレンタカーの手配です。
と言っても、予約はすでに入れてあるので、車の受け取りだけ。
ニッポンレンタカーの担当者を見つけて、店まで送ってもらう事に。
しかしさすが沖縄、非常に蒸し暑い!
栃木〜福島は、まだ春前の感じで、
出て来るのにトレーナーを羽織って来たのですが、
もう体中から汗が噴出してきました。
気温は22度位なのですが、曇っているからなのでしょうか・・・。

レンタカーの契約もすんなり行き、さて街中へ・・・と思ったのですが、
運転上の注意を言い渡されてしまいました。
平日、那覇市内はかなりの交通規制があるとかで、
バスレーンや時間で変る走行レーン規制に引っ掛かる人が多いらしく、
気をつけてくださいとの事でした。(反則金¥7000也)
借りた車はドマーニ・・・ではなく、いすゞのジェミニ。
シビッククラスと言っておいたものの、
失礼ながら、ジェミニってほとんど内地では見かけませんよねぇ。
(って、ドマーニだってそう目にする車では無いかもしれないけど)
で、当然カーナビ付きかと思っていたら、付いていない・・・。
まぁ、確かに付けてくれとは言わなかったけど、
旅行パンフレットにはカーナビ付きって書いてあったと思うけどなぁ。
ここで文句をいってもしょうがない。
今16時半で、これから恩納村まで行かなければならないし、
きょうの宿までは、1時間近く掛かりそうなので、
とりあえず出発する事にしました。

いざ、走り出しては見たものの、
カーナビも無ければ地図も持っていない状態で、
どっちに行けば良いのか皆目見当もつきません。
とりあえずは沖縄自動車道の那覇インターを目指しました。
車を借りた時に貰ったガイドブックと前を行く車を頼りに、
しばらく走りつづけましたが、
いったい自分がどっちに向かって走っているのか、
全くわからないので、少し不安になってきました。
標識に糸満の文字が見えたので、
これは方向が違うと思い、急遽方向転換。
しばらく行くと、工事中で道路がなくなり、仕方なく左折。
するとなぜか那覇市内に戻ってきてしまいました。
しかし、ラッキーにも沖縄自動車道への標識も見つけられたので、
国道507号線から329号線のバイパスへ向かいました。
そして、県道82号線を経て、ようやく沖縄自動車道に入りました。
那覇空港到着後、すでに1時間以上が経過していました。
何事もなかったなら、とっくにホテル近くまで行けてる筈なのに・・・。
まぁ、ここで愚痴ってもしょうがない。
目指すは石川インターまで30km強。
自動車道は交通量も少なく、いたって快適。
むやみに飛ばす車もなく、遅れを取り戻そうと思っていたものの、
そこは、「郷に入っては郷に従え」のことわざ通り、
ゆっくり行く事にしました。
やはり信号の無い道は走り易い。
アクセル一定で燃費も伸びるし、言う事無し。
そうこうしているうちに、石川インターに到着。
インターを降り、県道6号線から国道58号線に。
ほどなくきょうの宿「サンマリーナホテル」・・・のはずが、
入り口がわからず、なんと通り越してしまいました・・・。(´ヘ`;)
慌ててUターン。
なんとかホテルの駐車場まで辿り着きました。

チェックインを済ませて一休み。
部屋は7階の海側で、ホテル専用のマリーナやビーチも見えます。
曇ってはいるけど眺めは最高。
夕方6時を過ぎているのに外はまだ充分に明るい感じ。
夕食には少し早いかなぁ・・・などと思っていたら、
疲れていたのか、うたた寝をしてしまいました。
気が付いたら外は雨・・・と言うより嵐のような風雨!
明日の天気を気にしつつ、夕食はバーベキューになりました。
(でも、一人のバーベキューほどつまらないものは無いかもしれない・・・)



部屋のベランダから見えた風景。
夕暮れ時、遠くの灯台の灯りも見えます。


次のページへ